プッシュの打ち方や練習方法【ミスしないコツ】

【バドミントン】プッシュの打ち方や練習方法【ミスしないコツ】バドミントン技術練習
【バドミントン】プッシュの打ち方や練習方法【ミスしないコツ】
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

みなさんこんにちは、健ジムのケンスケ(@cg_kensuke)です。

バドミントンにおいて自分が打って点数を取るためにはコートのどの位置で打つのが良いでしょうか?

答えはなるべくネットに近い位置から打ち込んだ方が点数が取りやすいです。

今日はそんなネット付近から打つショット、プッシュについてまとめてみました。

プッシュの打ち方がよくわからない、ネットにかかっちゃうんだけど何かコツとかあるの?

このような悩みをまとめました。

【本記事の内容】
①バドミントンのプッシュとは

②バドミントンのプッシュの打ち方

③練習方法

【ケンスケ @cg_kensuke】が書きました。

・東京都町田市で怪我予防やパフォーマンスアップのコスパ最強ジム経営。

・年代別東京都3位、町田市代表。・ジム経営の傍ら、YouTubeブログで情報発信中。

スポンサーリンク

バドミントンのプッシュって?【特徴】

バドミントンのプッシュはネットの近くから相手コートに叩き込むショットです。

軌道はスマッシュと似たショットですが、スマッシュが主にコートの後ろから打つのに対してプッシュはネット付近で打ちます。

相手からどのような球が来るかによって打ち方が変わりますが、基本的な特徴をまとめてみました。

  • ネットから近い位置で打つ
  • 相手のコートに鋭く打つ(場合によっては長く打つ場合もあり)
  • コンパクトに打つ
  • プッシュを打った後の相手からの返球が速い
  • ネットから近い位置で打てるので決定率が高い
  • 相手に下から打たせられるので、優位なラリーを展開できる。

バドミントンのプッシュの打ち方【コツ】

プッシュのコツは

なるべく小さい動きで球速よりもコースや角度を重視して打つことです。

いくらショット自体が速くても相手が構えているところに行ってしまったり、角度がなくエンドアウトしてしまうと非常にもったいないです。

プッシュの打ち方の順番は

  1. ネットより高い位置でラケットを構える。
  2. シャトルの軌道にラケットの面を合わる。
  3. 太鼓をたたくようなイメージで肘から振り、手首、ラケットエンド、ラケットヘッドの順に振る。
  4. この時、打つコースをしっかりねらって打つ。
  5. 打ち終わったら次に備えて構える

です。

また、プッシュを打つ際に気を付けることは、打ちづらい球を無理にプッシュに行かないことも大切です。

相手がネットぎりぎりに沈めてきたり、自分の体勢が崩れているときに無理にプッシュを打ちに行ってしまうと、ネットに掛けてしまったり、狙ったところに行かなかったり、相手にカウンターをされてしまうことがあります。

相手に下からとらせるのは大事ですが、優位性をキープできるショットを心がけましょう。

角度が付かず、プッシュが浮いてしまう時は?

シャトルを打つ際にラケットの面角度がついていないです。

ネットに掛けないように打とうとするとどうしてもラケットの面に角度が付かなくなってしまいます。

ネットの上からしっかりラケットに角度をつけて打てるように心がけましょう。

ネットに引っ掛けてしまう時は?

ラケットや肘が下がっている、もしくはプッシュを打てない球をプッシュしに行っていることが考えられます。

プッシュを打つまえの構える段階でしっかりラケットが上がっていないとどうしても打点が下がってしまう、ネットに掛けるリスクが高くなります。

ミスしてしまったときは自分のラケットがどこにあったのか確認するようにしましょう。

また、そもそもプッシュを打つことができないシャトルを打ちに行ってネットにかけている可能性もあります。

ネットより下にあるシャトルはプッシュを打つことができません。(ネットイン除く)

ミスしてしまたときは自分がどこで打っているかを確認し、次に生かすようにしましょう。

バドミントンのプッシュ練習方法

プッシュ練習のおすすめは

  1. 手投げノック
  2. 基礎打ち
  3. ノック
  4. パターン練習

です。

上達具合や注力したいことに合わせて練習内容を選択できるとよいでしょう。

手投げノック

  1. ノッカーは反対コートのネット付近、打つ人からみて右側に立つ(打つ人が右利きの場合)
  2. ノックを受ける人はサービスライン程に立って構える
  3. 足を動かしながらプッシュを打つ。

ノッカーの配球は最初は散らさずに、慣れて来たら散らすようにしましょう。

基礎打ち

  1. レシーバーはコートの真ん中よりやや後ろ、プッシュを打つ人はサービスライン程に立ちます。
  2. プッシュとレシーブを繰り返します。

どちらもしっかり足を動かすようにしましょう。

いかがだったでしょうか。

プッシュは決定力が高い分、過度に頼ってしまったり、気のゆるみからミスにつながりやすいショットです。

しっかり練習し、大事なところで決めれるようにしましょう。

わたしのYouTubeチャンネルでは筋トレやバドミントン情報を配信していますので、気になる方や私のことを応援したいと思ってくださった方はチャンネル登録して頂けると嬉しいです。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

また、ブログをフォローして頂けますと随時更新通知が届きますので、是非フォローもお願いいたします。

follow
フォローお願いします

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 町田コンディショニングジム健介
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

⌘ 東京都町田市 根岸2丁目1−2 OTMビル3F

〈町田バスセンターから〉
 ・町78:木曽南団地-野津田車庫行き
 「上の原」バス停下車 徒歩2分
 ・町17:町田淵野辺駅北口行き
 「淡島公園入口」バス停下車 徒歩2分
 ・町33:木曽南団地-下山崎行き
 「町田総合高校入り口」バス停下車 徒歩5分
 ・町30:橋本駅北口-町田ターミナル行き
  「下岸根」バス停下車 徒歩7分

〈お車〉
 駐車場4台完備。車でお越しの際はご連絡ください。

⌘ 各種お問い合わせ
 info@cg-k.com
 050-5435-7378

町田コンディショニングジム健介
町田バドミントンショップ健介
コンポジットテクノ部門

コメント

タイトルとURLをコピーしました