【ラケット知識】バドミントンラケットのシャフトが硬いと何が違う?

【ラケット知識】バドミントンラケットのシャフトが硬いと何が違う?上達理論
【ラケット知識】バドミントンラケットのシャフトが硬いと何が違う?
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

みなさんこんにちは、健ジムのケンスケ(@cg_kensuke)です。

ラケットのシャフトが硬いとはどういう事ですか?また、シャフトが硬いと一般的にどんな影響があるのですか?

このような悩みをまとめました。

【本記事の内容】

①バドミントンのシャフトの硬いってどういうこと?

②ラケットのシャフトが硬さ以外にがしなる要素

③ラケットのシャフトが固い=上級者向け?【自分に合う硬さは?】

【ケンスケ @cg_kensuke】が書きました。

・2019年コンポジットテクノアンバサダーに就任、年間紹介件数全国2位

・バドミントン年代別東京都3位、町田市代表。

ジム経営の傍ら、YouTubeブログで情報発信中。

友だち追加
LINEを登録して頂けると健バドからお得情報が届きます。
質問などもこちらからお気軽にどうぞ!
スポンサーリンク
【高コスパのオリンピアン使用ラケット】
【高コスパのオリンピアン使用ラケット】

バドミントンのシャフトの硬いってどういうこと?

バドミントンラケットのシャフトが硬いと、


より大きな反発力を生み出せる代わりに、しならせるために大きな筋力が必要になる。

シャフトがしなってから元に戻るのが早い

ということです。

・・・?どゆこと?

硬いシャフトをしならせるには筋力が必要

シャトルを遠くまで飛ばしたり速いショットを打つためにはラケットをしならせて反発力を生みだすことが重要です。

より強い反発力を生むためにはシャフトが硬い方がいいのですが、それに伴い筋力も必要となります。

そのため、体格やスキルに合わせてラケットのシャフトの硬さを選ぶ必要があります。

小柄であったりバドミントンを始めたての方は極力シャフトは硬すぎないのを選ぶのがおススメです。

シャフトがしなってから元に戻るのが早い

速いラリーに対応するためにはしなりが小さく、ラケットヘッドが早く戻ることが重要です。

シャフトが柔らかすぎるとラケットヘッドが遅れて出るようになり、また、戻るのも遅いため速いラリーについていけなくなることがあります。

ラリースピードが速い試合をすることが多い場合は少し硬めのシャフトを選ぶのがおススメです。

では、逆にシャフトがしなりやすいラケットというのはシャフトの硬さ以外にどういう要素がありますか?

ラケットのシャフトが硬さ以外にがしなる要素

シャフトのしなりやすさはシャフトの硬さだけではありません。

ラケットヘッドの重さと筋力(スイングスピード)が大きく関係してきます。

ラケットヘッドが重いとシャフトがしなりやすい

シャフトがしなる要素としてラケットヘッドの重さのバランスがあります。

ラケットの先端部分が重いほどシャフトはしなりやすくなります。

⓵30cmくらいのプラスチック定規の先端に重りを付けてしならせてみましょう。

②次にその重りを定規中央につけてしならせてみましょう。

【結果】①のほうが小さな力でしなります。

これをまとめてみました

【シャフトのしなりやすいラケットバランス】

⓵シャフトが柔らかくトップヘビー

②シャフトが柔らかく、トップライト
 シャフトが硬く、トップヘビー

③シャフトが硬く、トップライト

このようにシャフト以外にも重さのバランスは大きな要素となります。

スイングスピードが速いとシャフトがしなる

スイングスピードが速くなればなるほどシャフトはしなります。

これはある程度バドミントンのスキルに比例しますが、ラケットを振るというスキルがうまくなってくるとジョジョにスイングスピードが速くなります。

結果、シャフトがしなります。(しなりやすくなる)

ラケットのシャフトが固い=上級者向け?【自分に合う硬さは?】

上級者に近づくにつれシャフトが硬くなるというのは大体当てはまります

バドミントンのスキル上達につれ筋力が付き、スイングスピードも上がります。
結果、シャフトが硬いものを使用する選手が増えるのですが、プレースタイルや体格によって必ずではありません。

特に女性プレーヤーですと柔らかいシャフトのラケットを使う選手も多いです。

松友選手は柔らかめのシャフトでトップヘビーのラケットを使っています。

あなたにあったシャフトの硬さの選び方

シャフト硬さは感覚的に自分に合うものを選ぶのが良いでしょう。

しかし、いきなり

さあ決めろ!

と言われても難しいですよね。

いくつか参考になるチェック項目を作ってみました。

・体格が大柄であれば硬め
・ドライブ重視のプレーなら硬め
・ハイバックがしっかり飛べば硬め
・スイングスピードに自信があれば硬め
・速い展開の試合が多いのであれば硬め
・ロブやクリアーがしっかり飛ぶならば硬め

女子シングルがメインの方ですとこれに当てはまらない方が多いと思いますので、先にも書きましたが必ず上級プレーヤーになるほどシャフトを硬くする必要はありません。

色々試しながら自分に合うシャフトの硬さを見つけるようにしましょう。

【ガットの太さも併せて考えてみよう】

おしまい

【バドミントンラケットの選び方完全ガイドはこちら】

わたしのYouTubeチャンネルでは筋トレやバドミントン情報を配信していますので、気になる方や私のことを応援したいと思ってくださった方はチャンネル登録して頂けると嬉しいです。

【健ジム】バドミントンチャンネル
バドミントンの上達のコツや道具レビュー、ダブルスやシングルス、ミックスの試合動画などを公開していきます。 他にないバドミントンチャンネル、健ジムバドミントンチャンネルを是非ご覧ください! 使った瞬間効果を実感!! 鍛錬のトレーニングマシンを21台採用! 東京都町田市のコンディショニングジム「町田コンディショニングジム...

また、ブログをフォローして頂けますと随時更新通知が届きますので、是非フォローもお願いいたします。

follow us in feedly
フォローお願いします

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 町田コンディショニングジム健介
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

⌘ 東京都町田市 根岸2丁目1−2 OTMビル3F

⌘ 各種お問い合わせ
 info@cg-k.com
 050-5435-7378

町田コンディショニングジム健介
町田バドミントンショップ健介
コンポジットテクノ部門

コメント

  1. […] 【シャフトの硬さについてはこちらの記事でまとめてみました】 […]

タイトルとURLをコピーしました