【バドミントン】サービスプッシュ(レシーブ)の種類や打つコース【ダブルス】

【バドミントン】サービスレシーブの種類や打つコース【ダブルス】サービス(サーブ)
【バドミントン】サービスレシーブの種類や打つコース【ダブルス】
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

みなさんこんにちは、健ジムのケンスケ(@cg_kensuke)です。

バドミントンのダブルスをする上でサーブ周りは非常に大事ですよね。

今回はサービスプッシュ(レシーブ)についてまとめてみました。

サービスプッシュ(レシーブ)ってどういうショットがあるの?ダブルスで有効なショットは?

この記事を見るとサービスプッシュ(レシーブ)の打つコースがわかります。

【本記事の内容】

①バドミントンのサービスプッシュ(レシーブ)とは
②サービスプッシュ(レシーブ)の種類
③おすすめのサービスプッシュ(レシーブ)

【ケンスケ @cg_kensuke】が書きました。

・東京都町田市で怪我予防やパフォーマンスアップのコスパ最強ジム経営。
・バドミントン年代別東京都3位、町田市代表。
ジム経営の傍ら、YouTubeブログで情報発信中。

友だち追加
LINEを登録して頂けると健バドからお得情報が届きます。
質問などもこちらからお気軽にどうぞ!

スポンサーリンク
【高コスパのオリンピアン使用ラケット】
【高コスパのオリンピアン使用ラケット】

バドミントンのサービスプッシュ(レシーブ)とは【ダブルス】

相手のショートサービスに対する返球です。

サービスレシーブの方法はさまざまで、相手のサービスに対してや戦略、自分のやりたい展開に応じて選んで打つ必要があります。

サービスプッシュ(レシーブ)の球種

シングルスとダブルスで主に使うショットが大きく変わりますが、ダブルスのほうが攻撃的なプッシュが多いです。

  • ヘアピンでネット前に返す
  • ラケットを立てて入ってネット前に返す
  • ハーフに流す
  • プッシュを打つ
  • ロビングをうつ

サービスプッシュ(レシーブ)のコース

サービスレシーブのコースはざっくり9カ所。

サービスの立ち位置によって打ちやすいコースやとりずらいコースがありますので、ある程度はパターン化していきます。

  • ネット前3箇所
  • ハーフ3箇所
  • エンドコート3箇所

サービスプッシュ(レシーブ)の戦略

サービスレシーブは基本的に相手に何をさせたいかによって戦略を立て、球種を決めます。

現行ルールのラリーポイントですと一回ミスでも失点になるので、一か八かのプッシュよりもラリーを続ける戦略をとるプレーヤーが多いですね。

  • 相手に触らせないでエースをねらう【リスク高い】
  • 相手に触らせて次を狙う【リスク低い】
  • 相手に触らせてあげさせる【リスク低い】
  • 相手に触らせてカウンターを狙う【リスク高い】

とバリエーション様々です。

サービスプッシュ(レシーブ)の種類

サービスレシーブの種類は先で分けたように様々ですが、今回はオーソドックスなパターンを4種類紹介します。

  • ネット前に落とす
  • ハーフに落とす
  • サービスプッシュを打つ
  • ロビングで返球

ネット前に落とす

サーブに対してヘアピンやラケットを立てて打ち、相手のネット前に返します。

ネット前に落とすことで以下のようなメリット、デメリットがあります。

【メリット】

  • 相手に攻め込ませずらい
  • 自分がミスする可能性が低い
  • ラリーが続きやすい
  • うまくいけば相手からの返球で上げさせることができる
  • 相手のリターンを冷静に見極めることができる。

【デメリット】

  • 攻めて決める手にはなりずらい
  • ヘアピンの精度によっては相手に攻め込まれる。

最近の世界のダブルスでは、まずネット前にきるというのは定石になりつつあります。

サービスプッシュで一か八かのリスクをとるよりも、まず相手に不利な状況でラリーをすることで総合的に優位に立てます。

ハーフに落とす

前衛と後衛の間に落とします。

これはサイドでもセンターでもオッケーです。

個人的にはセンターハーフおススメです。

【メリット】

  • 相手に攻め込ませずらい
  • ラリーが続きやすい
  • 相手からの返球コースを絞れる

【デメリット】

  • コースを読まれるとかなり厳しいラリーになる

正直デメリットはほぼありません。(コースを読まれたらどこに打っても不利になるので)

ネット前とハーフを出し入れすることで、まずは相手に上げさせるもいうのが最近の定石になりつつあります。

サービスプッシュを打つ

相手のサーブが浮いてきた場合にはサービスプッシュを打つのもおすすめです。

攻撃的なリターンです!

【メリット】

  • 相手にプレッシャーをかけれる
  • うまくいけば一撃で決まる

【デメリット】

  • ミスの可能性が高い
  • ジャッジが難しい
  • カウンターをもらうリスクが高い
  • エンドアウトやサイドアウトの可能性が高い

サービスプッシュはネットにかける可能性も高く、ジャッジもしづらいです。

また、コースが甘くなるとカウンターももらいやすいですし、ラインアウトになる可能性もあります。

相手のサービスのスキルによりますが、相手がサービスが苦手な場合や、ミックスダブルスのミスマッチの場合は積極的に狙ってくのはありです。

うまくいけば点が簡単に取れる分ミスするリスクも高い、かといってプッシュを撃たないとプレッシャーをかけれない、使い所を選ぶのが大事ですね。

ロビング

サーブ周りが不利な場合や相手にスマッシュ力がない時に特に有効です。

【メリット】

  • サービス周りで勝負しなくてよい
  • リズムが変えられる。
  • スマッシュ力がない相手には自分たちのペースで待てる。

【デメリット】

  • サービス周りで勝負できない
  • 相手に上からの強打を打たれる可能性が高い
  • 守りから始まる。

など

ロビングから始まる試合展開は相手によりますが、できれば選択したくない展開、

しかし、絶対にやっちゃダメというわけではありません。

相手のスキルや試合展開に応じてリズムを変えてみましょう

おすすめのサービスプッシュ(レシーブ)

ネットにきるかハーフに落とすサービスレシーブがおすすめです。

サービスレシーブでまず大事なことはミスらないことです。

ミスの可能性が高いショットは極力使わないようにし、ラリー展開を優位に始めることを考えましょう。

上げさせれば一歩リードです。

もちろん要所要所でサービスプッシュでプレッシャーをかけたり、相手のサービススキルに応じて点数を取りに行くのは大事です。

勝負を仕掛ける割合やタイミングなど、自分なりの方法を考えていきましょう。

【サービスの打ち方はこちら】

おしまい

わたしのYouTubeチャンネルでは筋トレやバドミントン情報を配信していますので、気になる方や私のことを応援したいと思ってくださった方はチャンネル登録して頂けると嬉しいです。

【健ジム】バドミントンチャンネル
バドミントンの上達のコツや道具レビュー、ダブルスやシングルス、ミックスの試合動画などを公開していきます。 他にないバドミントンチャンネル、健ジムバドミントンチャンネルを是非ご覧ください! 使った瞬間効果を実感!! 鍛錬のトレーニングマシンを21台採用! 東京都町田市のコンディショニングジム「町田コンディショニングジム...

また、ブログをフォローして頂けますと随時更新通知が届きますので、是非フォローもお願いいたします。

follow us in feedly
フォローお願いします

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 町田コンディショニングジム健介
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

⌘ 東京都町田市 根岸2丁目1−2 OTMビル3F

〈お車〉
 駐車場4台完備。車でお越しの際はご連絡ください。

⌘ 各種お問い合わせ
 info@cg-k.com
 050-5435-7378

町田コンディショニングジム健介
町田バドミントンショップ健介
コンポジットテクノ部門


この記事が気に入ったら
シェアおねがいします♪
お得な情報お届けします
サービス(サーブ)
スポンサーリンク
気に入っていただけましたら、シェアで広めてくれると嬉しいです♪
ケンスケをフォローする
健バド-バドミントン上達ブログ【by健ジム】

コメント

タイトルとURLをコピーしました