【握り方】バドミントングリップの持ち方まとめ【フォア・バックハンド・ショット別】

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

みなさんこんにちは、健ジムのケンスケ(@cg_kensuke)です。

バドミントンを始めるときにいろいろな握り方を教わりますよね。

バドミントンラケットの握り方ってどんなのがあるの?

このような悩みをまとめました。

【本記事の内容】

①バドミントンのグリップの種類と握り方のコツ【フォア・バックハンド】
②バドミントンショット別の握り方まとめ【基本を押さえよう】
③グリップの握り方は人それぞれ

【ケンスケ @cg_kensuke】が書きました。

・東京都町田市でスポーツジム兼バドミントンショップ経営。
・バドミントン年代別東京都3位、町田市代表。
ジム経営の傍ら、YouTubeブログで情報発信中。

友だち追加
LINEを登録して頂けると健バドからお得情報が届きます。
質問などもこちらからお気軽にどうぞ!

スポンサーリンク
【高コスパのオリンピアン使用ラケット】
【高コスパのオリンピアン使用ラケット】

バドミントンのグリップの種類と握り方のコツ【フォア・バックハンド】

バドミントンの握り方は大きく分けて2種類、フォアハンドとバックハンドです。

フォアハンドの特徴

主に利き腕側に来たシャトルを打つ時に使います。

ボールを投げたりバレーのスパイクなどの動作に似ているフォアハンドの打ち方には以下のような特徴があります。

  • 強打がしやすい
  • オーバーストローク(上で打つショット)がコントロールしやすい
  • ドライブショットのバック側が打ちずらい(持ち替えが必要)
  • 身体の右側が打ちやすい

いかにフォアハンドで強打を絡めた様々な球種が打てるかがバドミントンの一つのポイントとなります。

次に実際の握り方を見て行きたいと思いますが、実はフォアハンドのなかでも握り方が分かれます。

イースタングリップとウエスタングリップです。

フォアハンドの握り方-イースタングリップ

包丁を持つような握り方です。

ラケットを持った時、上から見るとラケットの面が縦になります。

フォアハンドの基本的な握り方です。

フォアハンドの握り方-ウエスタングリップ

※準備中

フライパンを持つような握り方です。

フォアハンドに比べて手首の回内運動が使えない分打ち方が変わります。

イースタングリップに比べてラケットの面が常に正面を向くため、ラケットにシャトルを当てやすい握り方です。

バックハンドの特徴

フォアハンドに対してバックハンドでのグリップの持ち方は、主に利き腕と反対側に来たシャトルを打つ時に使います。

  • 細かいショットが打ちやすい
  • ドライブショットのカバー率が高い(ほぼすべてのエリアをさばける)
  • レシーブショットのカバー率が高い
  • 上から打つショットはコントロールが難しく、威力も出ずらい。

バックハンドの握り方

ラケットの一番広い面に親指を当てます。

親指で押すように、パンチするようにラケットを使ってシャトルを打ちます。

バドミントンショット別握り方まとめ【基本を押さえよう】

次に各ショットをどのような握り方で打つかまとめてみました。

どのショットもフォア、バックどちらも使うことができますが、

  • 主に使う
  • 使い分ける

視点で考えていきたいと思います。

【ドライブ】バックのほうが広範囲に対応できる

ドライブはバックのほうが体周り全体をカバーすることができます。

フォアハンドは利き腕側と正面にきたシャトルはカバーできますが、利き腕と反対側に来たシャトルはカバーすることが困難です。

シャトルの下に潜り込んで打つことになります。

ですが、バックハンドよりもフォアハンドのほうが強打が打ちやすいです。

バックハンドで主導権を得ると、フォアハンドでもより強く攻撃することができます。

【ドロップ・カット・クリアー】できればフォアハンド

なるべくフォアハンドで打てたほうがショットのバリエーションが多くなり、強打も打つことができるため相手にプレッシャーをかけることができます。

シングルスではラウンド側をバックハンドで打つことでフットワークを楽にすることもできますが、毎回毎回バックハンドで入っていても相手にプレッシャーをかけることはできません。

ドロップはなるべくフォアで打つようにしましょう。

また、カットはバックハンドではコントロールすることが難しいのと鋭いカットを打つことが難しくなります。

こちらもなるべくフォアハンドで打つようにしましょう

もちろんケースバイケースです

【ロブ・ヘアピン】バックハンドのほうがコントロールしやすい

ロブは基本的に利き腕側はフォア、反側はバックハンドで握ります。

個人差がありますが、バックハンドで握ったほうがコントロールしやすいです。

その為、体の正面に来た球はバックハンドで握る方が多いです。

【プッシュ】フォアハンドのほうがプレッシャーをかけれる

これもロブと一緒で、基本的に利き腕側はフォア、反側はバックハンドで握ります。

ですが、反対側に来たシャトルに対してラウンドで潜り込んで打つことで、より攻撃的なショットを打つことができます。

これは身長なども関係しそうですね。コントロールしやすいほうで良いかもです。

【レシーブ】ドライブ同様バックハンドメインで

レシーブに関してはドライブと同様の考え方になります。

最近のトップレベルの選手はレシーブでも積極的にフォアハンドでレシーブしている選手が多いですが、基本的にはバックハンドで広範囲を守ることがおススメです。

【スマッシュ】フォアハンドで打ちます。

スマッシュに関しては基本的にフォアハンドで打ちます。

上級者の方の中ではバックハンドで打てる方もおりますが、それは特に始めたての時は例外です。

しっかり回り込んでフォアハンドで握って打ちましょう。

グリップの握り方は人それぞれ

今までフォアハンドやバックハンド、各ショットによっての使い分けを説明してきましたが、あくまでも基本であって、結論相手のコート返せればどんな握り方でもOKです。

グリップの握り方にこだわるあまりショットが安定しなかったりミスをしてしまっては本末転倒です。

まず相手のコートに返す、そのためにはどうすればいいのかを考えていきましょう。

同じ条件の人、同じ条件のシャトルはなく、同じ握り方はない

まず手っ取り早くわかる前提として、同じ人間はいません。

手の大きさも違いますし、腕の長さ、バドミントンのキャリアも人それぞれです。

加えて、相手から来るシャトルも全く同じショットは存在しません。

なので、こういうショットが来たらこの握り方!という絶対的なものはありません

少しずつ試行錯誤し、感覚に落とし込んでいきましょう。

筆者も握り方はスキルの向上とともに変わります。

そのような試行錯誤も楽しんでいきましょう!

【グリップの太さによっても握り方は変化します】

おしまい

【握るときに気を付けたいリストスタンド】

わたしのYouTubeチャンネルでは筋トレやバドミントン情報を配信していますので、気になる方や私のことを応援したいと思ってくださった方はチャンネル登録して頂けると嬉しいです。

【健ジム】バドミントンチャンネル
バドミントンの上達のコツや道具レビュー、ダブルスやシングルス、ミックスの試合動画などを公開していきます。 他にないバドミントンチャンネル、健ジムバドミントンチャンネルを是非ご覧ください! 使った瞬間効果を実感!! 鍛錬のトレーニングマシンを21台採用! 東京都町田市のコンディショニングジム「町田コンディショニングジム...

また、ブログをフォローして頂けますと随時更新通知が届きますので、是非フォローもお願いいたします。

follow us in feedly
フォローお願いします

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 町田コンディショニングジム健介
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

⌘ 東京都町田市 根岸2丁目1−2 OTMビル3F
〈お車〉
 駐車場4台完備。車でお越しの際はご連絡ください。

⌘ 各種お問い合わせ
 info@cg-k.com
 050-5435-7378

町田コンディショニングジム健介
町田バドミントンショップ健介
コンポジットテクノ部門

コメント

タイトルとURLをコピーしました