リストスタンドのコツ≪ポイントは小指≫

ショット・練習方法

こんにちは、町田コンディショニングジム健介のケンスケです。

個人的に初心者と上級者のスキルの大きな違いとして、リストスタンドができるか、維持できるかというのがあると思います。

地味ですが
凄い技術が必要なリストスタンド。

スポンサーリンク
【高コスパのオリンピアン使用ラケット】
【高コスパのオリンピアン使用ラケット】

バドミントンの握り方、リストスタンドとは?

ラケットと前腕が90°~120程の角度になるよう、手首を立ててラケットを握れている状態。

雑巾を絞り上げるようにラケットのグリップを握るとリストスタンドになります。

リストスタンドの必要性は?

バドミントンのほとんどのショットを打つ際、このリストスタンドがつくれていることは非常に重要です。

リストスタンドをすることで手首の可動域が増し、回内回外運動が使えるようになります
同時に、シャトルに効率よく筋力を伝えることができます。

リストスタンドが作れていない状態で無理な打ち方を繰り返してしまうとうまく筋力が伝わらないばかりか、腱鞘炎やテニス肘の故障につながる恐れもあります。

トッププレーヤーのリストスタンド

皆さん、ラケットと前腕が90°程の角度になっています。
シャトルをより強く叩くためにもリストスタンドを維持することは非常に重要です。

スポンサーリンク

バドミントンのリストスタンド矯正メニュー

リストスタンドの状態でシャトルを打つためには手首を常に立てながら練習を行います。

フォアハンドとバックハンド、どちらでも打てるよう握り替えながら練習しましょう。

リストスタンドを作るコツ

小指、薬指、中指の三本でグリップを少し強く握るとリストスタンドできます。
親指と人差し指は添えるだけ・・・。

「ギュッ」と力を入れてあげるとラケットが立ちます。

握りやすくするためにグリップエンドに土手を作るのもよいでしょう。

プラスで手の甲を腕にくっつけるようにするとさらに力が入りやすくなります

素振り

上記の握る動作と振る動作を繰り返して、各ショットを素振りします。
特にドライブやプッシュ、プッシュレシーブなどは肝になります。

天井シャトル打ち上げ

真上にシャトルを打ち上げます。

特にバックハンドで打ち上げるにはリストスタンドしていないとしっかり打つことができません。

ロビングやレシーブの練習にもなります。

【ロビングについてはこちら】

壁打ち

素振りで慣れてきましたら実際に壁に向かって打ってみましょう。
最初は腕に力が入りすぎて手首や腕を痛める可能性もありますので要注意。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バドミントンの基本ともいえるリストスタンド、
私を含めて徹底できていない選手は多いように思います。

是非この機会に習得してみてください(^^)/

【トレラケでリストスタンドしながら素振りしてみましょう】

【リスト強化も重要です】

また、わたしのYouTubeチャンネルではこのようなに変わった視点で筋トレやバドミントン情報を配信していますので、気になる方や私のことを応援したいと思ってくださった方はチャンネル登録して頂けると嬉しいです。

【健ジム】バドミントンチャンネル
バドミントンの上達のコツや道具レビュー、ダブルスやシングルス、ミックスの試合動画などを公開していきます。 他にないバドミントンチャンネル、健ジムバドミントンチャンネルを是非ご覧ください! 代表は高校初めで全国大会出場経験あり! 使った瞬間効果を実感!! 鍛錬のトレーニングマシンを21台採用! 東京都町田市のコン...

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 町田コンディショニングジム健介
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

⌘ 東京都町田市 根岸2丁目1−2 OTMビル3F

〈町田バスセンターから〉
 ・町78:木曽南団地-野津田車庫行き
 「上の原」バス停下車 徒歩2分
 ・町17:町田淵野辺駅北口行き
 「淡島公園入口」バス停下車 徒歩2分
 ・町33:木曽南団地-下山崎行き
 「町田総合高校入り口」バス停下車 徒歩5分
 ・町30:橋本駅北口-町田ターミナル行き
  「下根岸」バス停下車 徒歩7分

〈お車〉
 駐車場6台。車でお越しの際はご連絡ください。

⌘ 各種お問い合わせ
 info@cg-k.com
 050-5435-7378

町田コンディショニングジム健介
町田バドミントンショップ健介
コンポジットテクノ部門


この記事が気に入ったら
シェアおねがいします♪
お得な情報お届けします
ショット・練習方法
スポンサーリンク
気に入っていただけましたら、シェアで広めてくれると嬉しいです♪
健ジムのケンスケをフォローする
スポンサーリンク
健ジムバドミントンブログ【健バド】

コメント

タイトルとURLをコピーしました