ロブ(ロビング)の打ち方や上達方法【コツは高さを意識すること】

バドミントン ロブバドミントン技術
バドミントン ロブ
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

みなさんこんにちは、健ジムのケンスケ(@cg_kensuke)です。

バドミントンの技術の中でもロブ(ロビング)は非常に奥が深いショットの一つ。

一見地味に見えるショットですが、ロブ(ロビング)が上達すれば試合を優位に展開できます。

ロブって打ち方がよくわからないし、いろいろな高さをどうやって打ち分ければいいの?

このような悩みをまとめました。

【本記事の内容】

①ロブってなに?種類も解説

②ロブの打ち方

③ロブの上達方法

【この記事の作者】

ロブをコートの端に打ち、インかアウトかを相手に悩ませるのが大好きな【ケンスケ @cg_kensuke】が書きました。

・バドミントンは高校2年生から16年ほど。
・年代別東京都3位、町田市代表。
ジム経営の傍ら、YouTubeブログで情報発信中。

スポンサーリンク

バドミントンのロブ(ロビング)とは?【種類も】

ロブ(ロビング)とは、主にコートのネット近くから、相手コートの奥まで返すショットです。

ロブで重要なのは『相手に何を打たせたいかによって高さを打ち分ける』ことです。

自分がピンチで相手に強打をさせたくないのか、相手にあえて強打させてカウンターを狙うのか、体勢を崩させたいかなどで高さを使い分けましょう。

・・・と簡単に言いましたが、この高さの使い分けが非常に難しく、上級者になるための大きなステップといえるでしょう。

高さのコースを意識する。私も最近の課題です。

ハイロブ【相手にエンドラインから打たせる】

ハイロブは主に自分の態勢を整えつつ、相手の強打を打ちづらくするために打ちます。

バドミントンの試合中に自分が攻め込まれているとき、劣勢の状態から無理にいいコースにロブを打とうとしても、さらに追い詰められたりカウンターを打たれてしまいます。

また、相手がいいヘアピンを打ってきたときに、無理にヘアピンで返したり、低い打点からクロスヘアピンなどを打ってもミスしたりたたかれることが増えてしまいます。

そんな時は、ハイロブでしっかり相手コート後ろまで返すようにしましょう。

また、スマッシュが打ちづらい体育館やシャトルの時には非常に有効なショットとなります。

中間ロビング【相手の頭を超す】

ハイロブに対して、ダブルスだと前衛、シングルスだとホームポジションから手を伸ばしても届かない高さに打つロブです。

主にこのロブが一番多用されるかと思います。

そして甘くなりがちです。

中間ロビングの肝は、相手に強打を打たれないよう、ぎりぎりの高さとできる限りのコースを狙うことです。

このロブの精度が悪いと終始攻め込まれてしまう試合展開になります。

アタックロブ【相手に角度のあるスマッシュを打たさない】

アタックロブは、ほかのロビングがある程度攻め込まれることが前提なのに対し、相手の態勢を崩すために低めの弾道で打つロブです。

アタックロブはいきなり打ってもダブルスだと前衛に、シングルスでもジャンプをされるとさわられてしまう高さのロブのため、打つタイミングと、相手のポジショニング確認が非常に重要なロブといえるでしょう。

うまく使えると攻守交代できますし、うまくいけば一本で点数に繋げることができるショットです。

ただ、リスクは高いです。

低弾道ロブ【相手の体勢を追い詰める】

他のロブが比較的低い打点で触るのに対し、低弾道ロブは高い位置で触れた時限定のドライブやプッシュに近いロブです。

これは田児賢一選手がYouTubeで配信されていましたが、このショットは基礎打ちで練習することも少ないですが、試合では非常に有効なショットといえます。

ドライブやプッシュに近い軌道で相手コート奥ギリギリに打ち分けることで相手を動かし、体勢を崩します。

コントロールが難しく、上級者向けのショットといえるでしょう。

バドミントンのロブ(ロビング)の打ち方

重要なのはフットワークです。

  1. シャトルの落下地点を確認し、自分が打ちたい高さにラケットを出します。
  2. フットワークで打点に入り、少しテイクバックしシャトルを打ちます。
  3. この際に打ちたいコースや高さなどを明確にイメージし、押し出すように打ちましょう。

ロブのコツ

まず、ラケットを出すことが重要です。

バドミントンのショットというとラケットを振るイメージが強いですが、まずラケットをシャトルに向け、押し込むように打ちましょう。

ロブを打つ際に気を付ける点

ふりを必要以上に大きくしないことです。

ハイロブは少し変わってきますが、振りが大きくなるとコースがばれやすくなりますし、コースが定まりづらくなります。

なるべく小さい動きでしっかり狙えるようにしましょう。

ロブ上達方法

ロブは相手をイメ―ジしながら数をこなすことが大事です。

手投げノック

数をこなすのに適しています。

ネット近くはもちろん、コートの真ん中あたりからもいろいろなコースに打ち分けられるように数をこなしましょう。

2対1

2対1の練習は、どちらもロブの練習になります。

2のほうは攻撃的なロブ(アタックロブ、低弾道ロブ)が打ちやすいですし、1は慎重なロブ(ハイロブ、中間ロブ)が打ちやすいです。

相手のポジショニングや身長なども考慮し、イメージを持ちながら取り組みましょう。

ロブは相手に何を打たせるのイメージが大事

ロブは相手がさわれることが前提で、相手に何を打たせるかイメージすることが非常に重要です。

例えば、相手の態勢を崩すために打ったつもりがカウンターをされてしまった場合、ロブの高さが低かったことになります。

無理にスマッシュを打たせるためにロブを打ち、相手にスマッシュを打たせてカウンターできた場合は、自分が打ったロブがしっかり相手をイメージできて精度が高いものを打ててたことになります。

つまり、自分が打つロブの種類や高さ、コースは対戦相手の身長やフットワーク、ショット、スキルによって臨機応変に変える必要があり、そこまでイメージすることが大切です。

種類や高さ、コースを打ち分けられるようになったら、相手によって打ち分けられるようにしましょう。

私もまだまだ練習中、一緒に頑張りましょう!

まとめ【イメージ通りのロブが打ちやすいラケット紹介】

練習をたくさんこなしてもなかなか思い通りのショットが打てないときは、一度ロブが打ちやすいラケットを使ってみるのもお勧めです。

試合中、ロブのショットミスは一発で失点に結びついてしまうショット。

まずしっかり打ち分けられるラケットを選ぶのもありです。

LESMO CONTROL C7 ≪Composite techno≫
C7-CONCEPT ”CONTROL”上級モデルコンポジットテクノのラケットをの中でもレシーブ、ロビングを重視する、コントロールプレーヤーのために。 シャフトはやや硬めのイーブンラケット。オールラウンドタイプの方におすすめ。フレームがほ

ロブ打ちやすくお勧めです、最近私もメインラケットで使用しています。

おしまい

わたしのYouTubeチャンネルではこのようなに変わった視点で筋トレやバドミントン情報を配信していますので、気になる方や私のことを応援したいと思ってくださった方はチャンネル登録して頂けると嬉しいです。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

また、ブログをフォローして頂けますと随時更新通知が届きますので、是非フォローもお願いいたします。

follow
フォローお願いします

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 町田コンディショニングジム健介
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

⌘ 東京都町田市 根岸2丁目1−2 OTMビル3F

〈町田バスセンターから〉
 ・町78:木曽南団地-野津田車庫行き
 「上の原」バス停下車 徒歩2分
 ・町17:町田淵野辺駅北口行き
 「淡島公園入口」バス停下車 徒歩2分
 ・町33:木曽南団地-下山崎行き
 「町田総合高校入り口」バス停下車 徒歩5分
 ・町30:橋本駅北口-町田ターミナル行き
  「下岸根」バス停下車 徒歩7分

〈お車〉
 駐車場4台完備。車でお越しの際はご連絡ください。

⌘ 各種お問い合わせ
 info@cg-k.com
 050-5435-7378

町田コンディショニングジム健介
町田バドミントンショップ健介
コンポジットテクノ部門

コメント

タイトルとURLをコピーしました