【バドミントン】クロスヘアピンのまとめ≪打ち方・コツ≫

【バドミントン】クロスヘアピンのまとめ≪打ち方・コツ≫ ヘアピン
【バドミントン】クロスヘアピンのまとめ≪打ち方・コツ≫
記事内に広告が含まれています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

みなさんこんにちは、健ジムのケンスケ(@cg_kensuke)です。

特にシングルスプレーの花形でもあるクロスヘアピン

クロスヘアピンって難しくない??コツはあるの?

このような悩みをまとめました。

【本記事の内容】

①バドミントンクロスヘアピンとは?【メリット・デメリット】
②クロスヘアピンの打ち方
③ダブルス・シングルスでのクロスヘアピンのコツ

スポンサーリンク

【ケンスケ @cg_kensuke】が書きました。

・東京都町田市でバドミントンのパフォーマンスアップやリハビリができるコンディショニングジム兼バドミントンショップ経営。
・バドミントンは高校始めで全日本社会人クラブバドミントン選手権大会準優勝
・バドミントン年代別東京都3位、全日本社会人バドミントン選手権大会出場。
ジム経営の傍ら、YouTubeブログで情報発信。

友だち追加
LINEを登録して頂けると健ジムバドミントンからお得情報が届きます。
【初中級者必見!バドミントンの教科書YouTubeチャンネル】

バドミントンクロスヘアピンとは?【メリット・デメリット】

クロスヘアピンはバドミントンのショットの一つ、髪を止めるヘアピンの形のような軌道で相手コートのネットに近いところに落とすショットのヘアピン。これをクロスに打つのがクロスヘアピンです。

また、ストレートに落とすことをストレートヘアピンとも言います。

クロスヘアピンを打つタイミング

いくつかあげてみました

  • ストレートヘアピンが打てない時【正面に相手がいるとき】
  • スペースが開いているとき
  • 相手から遠いところに打ちたいとき
  • 意表を突きたいとき

クロスヘアピンは試合の中での使用頻度は若干低めです。

その中でも効果的なタイミングを選んで打てるようにしましょう。

クロスヘアピンを打つメリット

  • エースショットになることが多い
  • 相手への見せ球として
  • ネットに近い位置でのショットのバリエーションとして

クロスヘアピンのデメリット

  • 難易度が高いためミスのリスクが高い
  • 読まれるとカウンターをもらいやすい
  • 一発逆転を狙って打ってしまいがち

スポンサーリンク

クロスヘアピンの打ち方

基本的な構えやステップはストレートヘアピンと同じです。

クロスヘアピンの違いは、ラケットを打ちたい方向に返すことです。

クロスヘアピンの打ち方の手順

  • 自分が打ちたい打点にラケットの面を出します。
  • 打点は出来れば目線の高さに合わせます。(やりながら自分がいい位置を見つけましょう)
  • シャトルに対して体を正面でなく、少し外側から近づけます。
  • ラケットを返すように打ちます。
  • この際に、狙う位置をネット上でどこを通すかを意識しましょう。

フォア側からのクロスヘアピンのポイント

打点を身体の内側で打ちます。

右利きの方の場合は右足を前に踏み込んだ時に、右足よりも内側にしてあげることで打ちやすくなります。

これが右足より外側だと、手首を強引に返すような打ち方になるので窮屈な打ち方になります。

バック側からのクロスヘアピンのポイント

打点を身体の外側で打ちます。

右利きの方の場合は右足を前に踏み込んだ時に、右足よりも外側にしてあげることで打ちやすくなります。(相手に軽く背中を見せて打つイメージ)

これが右足より内側だと、手首を強引に返すような打ち方になるので窮屈な打ち方になります。

クロスヘアピンが入らない時・浮いてしまうとき

小手先で入れようとすると入りません。

小手先でやろうとすると体が使えていなかったり、必要以上に力が伝わってしまう浮いてしまうことがあります。

先ほどラケットを返すという表現を使いましたが、あくまでもシャトルを【送る】ようなイメージでやってみましょう。

また、身体の正面すぎる球を強引にクロスに返そうとしてもうまく打てません。

シャトルとの距離感や打点を意識するようにしましょう

スポンサーリンク

ダブルス・シングルスでのクロスヘアピンのコツ

ダブルスとシングルスではクロスヘアピンの用途が少し異なります。

シングルスでのクロスヘアピンのコツ

ストレートのヘアピンとフォームをぎりぎりまで似せれるように意識してみましょう。

明らかにクロスに打つようなフォームやラケットの出し方で打つ方がいますが、読まれてしまってはせっかくのリスクを負ってまで打つのが無駄になります。

なるべく同じフォームから打つように心がけましょう。

ダブルスでのクロスヘアピンのコツ

なるべく高い位置で速く落とすことを心がけましょう。

ヘアピンというと一度上に上がって落とすイメージがありますが、極端な話プッシュのように打てたほうが相手は取りづらくなります。

なるべく早く高い位置でスッと落とすように打てるように心がけましょう。

また、ダブルスの場合シングルスよりもエースをとれる可能性は低くなります。

なので、ぎりぎりを狙ったり無理な体制から打つのではなく、あくまでもラリーを続ける中でのショットの選択として打つようにしましょう。

一か八かのショットで打たないように!しっかりロブで態勢を整えるのも有効!

【ロブの打ち方はこちら】

いかがでしたでしょうか?

派手にかっこよく見えるクロスヘアピンですが、あくまでもラリーの一部、ショットの中の一部として使えるとよいでしょう。

【ヘアピンの打ち方はこちら】

コメント

タイトルとURLをコピーしました