ヨネックス アイソメトリックTR0について【素振りにおススメ】

ヨネックス アイソメトリックTR0について【素振りにおススメ】 道具
ヨネックス アイソメトリックTR0について【素振りにおススメ】
記事内に広告が含まれています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

みなさんこんにちは、健ジムのケンスケ(@cg_kensuke)です。

トレーニングラケットはいろいろなメーカーから発売されていますが、その中でも『ヨネックス アイソメトリックTR0(ISOMETRIC TR0)について紹介します。

この記事を読んでいただくと、
 ・TR0トレーニングラケットが向いている人
 ・ISOMETRIC-TR0ってどんな特徴のラケットなの?
という疑問が解消できます。

スポンサーリンク

【ケンスケ @cg_kensuke】が書きました。

・東京都町田市でバドミントンのパフォーマンスアップやリハビリができるコンディショニングジム兼バドミントンショップ経営。
・バドミントンは高校始めで全日本社会人クラブバドミントン選手権大会準優勝
・バドミントン年代別東京都3位、全日本社会人バドミントン選手権大会出場。
ジム経営の傍ら、YouTubeブログで情報発信。

友だち追加
LINEを登録して頂けると健ジムバドミントンからお得情報が届きます。
【高コスパのオリンピアン使用ラケット】
【高コスパのオリンピアン使用ラケット】

【トレーニングラケット】ヨネックスーアイソメトリックTR0とは

通常のラケットが80g程なのに対し、TR0は約150gと通常ラケットの約2倍の重量のラケットです。

ラケット自体は重たいのですが、使っていて不自然にバランスが悪いことはなく、素振りだけでなく、通常練習から普通に使用できます。

トレーニングカバーや先端に重りを付けるなどでラケット重量を重くすると、どうしても不自然なバランスになってしまいます。
それも一つの練習方法にもなるのですが、実践向きではないです。

そしてラケット自体が定価8,500円と非常に安い!ネットで購入すると7,000円程です。

TR0トレーニングラケットのスペック

ヨネックス アイソメトリックTR0(ISOMETRIC TR0)

  • 素材・・・カーボンフレーム、カーボンシャフト
  • サイズ・・・G5
  • カラー・・・グリーン(旧モデルはブラック)
  • 推奨テンション・・・20~30
  • 重量・・・150g前後
  • 定価・・・8500円+税

意外と固く張れるのが良いです。昔のトレラケは緩くしか張れなかったので、メインラケットとの打感の違いがネックでした。

TR0トレーニングラケットを使ったおススメの練習方法

通常に比べてかなり重たいラケットですが、ある程度筋力のある方ですとクリアーなどのショットも打つことができます。

ですが、かなり重たいです・・・。

力に自信がある男性
 →基礎打ちからノック、ゲーム練習まで使用可能

男性、大人女性
 →小さい振りの基礎打ちからノックがメインで、スマッシュやクリアーは様子を見ながら

ジュニア、中学生以下
 →主に素振りがメインで、プッシュやドライブ、レシーブなどの基礎打ち。

私は基礎打ちやノック練習で主に使用しますが、練習不足の時にはかなり重たく感じるので注意しながら使います。

ちょっと重すぎるなー、スマッシュなどもトレラケで練習したい方はこちらを参考にしてください。

トレラケは多くのプレーヤーに使われています

先日ツイッターでアンケートを取ってみました。

86名の方にご回答いただき、その中でも38名の方が使用されています。

まだ使ったことがない方は是非一度試していただくことをお勧めします。

また、少し軽いラケットのTR1のトレーニングラケットは桃田選手も練習で使われています。

アイソメトリックTR1(ISOMETRIC TR1)は桃田選手も使用

ほかの選手が通常のラケットで試合をされている中、桃田選手だけTR1を使用していました・・・さすが世界一・・・。

正直、個人的にはこちらのほうが使用用途が幅広いのでお勧めです。

スポンサーリンク

ヨネックス アイソメトリックTR0は素振り練習をされる方におススメ

いかがだったでしょうか。

TR1のトレーニングラケットに比べてかなりおもたいTR0。

個人的には素振り練習を多くされる方におススメのラケットです。

普段からの練習で使う場合には使いこなせる人がかなり限られると思われます。

まずは試打してみて、ふれそうであれば購入するのが一番いいですね。

試打する機会がない方はTR1から試すことをお勧めします。

おしまい

【バドミントンパフォーマンスアップジムはこちら】

バドミントンパフォーマンスアップ&怪我改善ジム【健ジム】
みなさんこんにちは、健ジムのケンスケ(@Kengym_Machida)です。 バドミントンをすると肩が痛い バドミントンを練習してもなかなか上達できない バドミントン中に身体が痛くて思うようなプレーができない スマッシュを速くならない フッ

コメント

タイトルとURLをコピーしました