レシーブのショートリターンの打ち方【コツ】

バドミントン レシーブ レシーブ
バドミントン レシーブ
記事内に広告が含まれています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

みなさんこんにちは、健ジムのケンスケ(@cg_kensuke)です。

本日は

『ショートリターンレシーブの打ち方』についてお話しさせていただきます

先日、公開させていただいたロングリターンを受けまして

読者の方からショートリターンも知りたいとお声があったので今回のブログを作らせていただきました。

スポンサーリンク

【ケンスケ @cg_kensuke】が書きました。

・東京都町田市でバドミントンのパフォーマンスアップやリハビリができるコンディショニングジム兼バドミントンショップ経営。
・バドミントンは高校始めで全日本社会人クラブバドミントン選手権大会準優勝
・バドミントン年代別東京都3位、全日本社会人バドミントン選手権大会出場。
ジム経営の傍ら、YouTubeブログで情報発信。

友だち追加
LINEを登録して頂けると健ジムバドミントンからお得情報が届きます。
【初中級者必見!バドミントンの教科書YouTubeチャンネル】

バドミントンのショートリターンレシーブ

レシーブのショートリターンのコツは、

「速く準備して身体で入れる」

です。

ロングリターンの時と一緒で、うまい選手は

レシーブは手首とか握り込みが大事!

と言われる方が多いと思いますが、それは

体全体の力を手首や握り込みに乗せるので、そういう表現になる、と私は解釈しています。

試合とか見ててもマクロ的に手だけで打ってるように見えますが、実際は体全体で打ってると思っています。

その準備があるから、手で打ってるように見える。

私は天才肌では全くないので、準備がしっかりできてる時だけちゃんと返球できます

なので、小手先でやるというよりは身体全体で入れる感覚です。

ショートリターンレシーブの打ち方

順番としては

  1. お辞儀しラケット前に出す
  2. 場合によっては膝を曲げる
  3. 相手のスマッシュに合わせてリアクションステップで体重を球に乗せる準備
  4. 身体で合わせる
  5. 最後の最後で指で調整のイメージ

です。

特に必要となるプレーヤー

ショートリターンレシーブが特に必要となるプレーヤーはダブルスの前衛プレーヤー

とくにミックスの女子プレーヤーです。

ぜひYouTubeや身近な方のプレーで注目してみてみてください!

スポンサーリンク

バドミントンのショートリターンレシーブまとめ

レシーブをショートリターンするときのコツをまとめますと

  • 速く準備して身体で入れる
  • リアクションステップで体重を球に乗せる準備
  • 最後の最後は指で調整

です。

ぜひみなさんも試してみてください!

【バックハンドのレシーブが飛ばない時はこちら】

【レシーブのロングリターンはこちら】

コメント

タイトルとURLをコピーしました