レシーブのロングリターン【打ち方・コツ】

バドミントン レシーブ ロングリターンバドミントン技術
バドミントン レシーブ ロングリターン
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

みなさんこんにちは、健ジムのケンスケ(@cg_kensuke)です。

本日は

初級者必見!
『ロングリターンレシーブの身体を使った打ち方のコツ』

についてお話しさせていただきます。

先日、公開させていただいたお辞儀の練習からの応用編として

最近の私の気づきの面からも情報共有できればと思ったので今回のブログを作らせていただきました。

レシーブをロングリターンするために大事なお辞儀
このエントリーをはてなブックマークに追加

『はてなブックマーク』するとまた記事を読み返していただくときに便利です。

follow
フォローお願いします

また、健バドではYouTubeチャンネルでもバドミントンの技術アップに関する情報を配信中です!是非チャンネル登録お願いします!

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
スポンサーリンク

レシーブのロングリターン【コツは体で打つ】

レシーブのロングリターンのコツは腕に頼りすぎず、体で打つことです。

うまい選手はレシーブは手首!握り込み!といわれる方も多いと思いますが、それは体全体の力を手首や握り込みに乗せているのでそういう言葉になると私は解釈しています。(相手のショットのスピードやシャトルの飛びやすさなどにもよる)

試合を見ると、レシーブのショットをマクロ的にみると手だけで打ってるように見えますが、実際は体全体で打っています。

相手のスマッシュに対してしっかり構えができていること、シャトルに体重がしっかり乗せられているかが非常に重要です。

基本は体全体、その中でも遠くに返したいときに重要なのは腰より下です。

また、相手が打ってきたコースや球質によって身体の使い方を変えることで、しっかり遠くまで飛ばすことができます。

身体を起こすイメージでレシーブしてみる

一番飛距離が出せる力強いレシーブです

  • 主に身体の正面に来た時
  • 一番飛距離が出せる
  • 動作が大きくなりやすい
  • 相手の球速が遅い時に非常に有効

ここであなたに質問です、

「真上にシャトルをバックハンドで思いっきり高く打つ時どうやって打ちますか?」

おそらく膝を曲げて軽くジャンプするようなイメージで打っているかと思います。

女子のトッププレーヤーはこの体の使い方を利用した打ち方が本当に上手です。

このレシーブを順序で説明しますと、

  • ラケットを出す
  • お辞儀(必要に応じて膝を曲げる)
  • 面を合わせて
  • 足を踏む
  • 腰を突き出す(体を起こす)
  • レシーブする

こんな感じかと思います

これで慣れて来たらどんどん力を瞬間的に出せるようにし、動作を小さくしていきましょう。

私自身はここの動作を小さくするというのが課題です、是非ご指導お願いします(笑)

レシーブのロングリターンまとめ

いかがでしょうか?

レシーブのロングリターンは基礎のショットです、しっかり練習しましょう。

もしよければこちらの記事も参考にしてみてください。

おしまい

今後私がバドミントンについて解説させていただくすべてのことに言えるのですが、あくまでも一つの考え方として発信させていただきますので、自分に合っていないと感覚的に思ったら、やらないで大丈夫です。

盲目的に信じないで頂ければと思います。怪我しない程度に試しにやって、違うなーとか思ったら辞めちゃって大丈夫です。

わたしのYouTubeチャンネルでは筋トレやバドミントンのことを配信していますので、気になる方や私のことを応援したいと思ってくださった方はチャンネル登録是非お願いします!

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   町田コンディショニングジム健介
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

⌘ 東京都町田市 根岸2丁目1−2 OTMビル3F

町田コンディショニングジム健介(最寄り駅:町田駅、淵野辺駅、古淵駅

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました