【これで解決】バドミントンのバックハンドレシーブが飛ばない時の改善方法

【これで解決】バドミントンのバックハンドレシーブが飛ばない時の改善方法レシーブ
【これで解決】バドミントンのバックハンドレシーブが飛ばない時の改善方法
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

みなさんこんにちは、健ジムのケンスケ(@cg_kensuke)です。

バドミントンをはじめたてのころ、バックハンドのレシーブってなかなか飛ばずに苦労しますよね。

バックハンドのレシーブってどうやって打てばしっかり飛ぶの?>?

このような悩みをまとめました。

【本記事の内容】

①バドミントンのバックハンドレシーブとは?
②バドミントンのバックハンドレシーブが飛ばない時の改善方法
③バドミントンのバックハンドレシーブが飛ばない時の練習方法

【ケンスケ @cg_kensuke】が書きました。

・東京都町田市でスポーツジム兼バドミントンショップ経営。
・バドミントン年代別東京都3位、町田市代表。
ジム経営の傍ら、YouTubeブログで情報発信中。

友だち追加
LINEを登録して頂けると健バドからお得情報が届きます。
質問などもこちらからお気軽にどうぞ!

スポンサーリンク
【高コスパのオリンピアン使用ラケット】
【高コスパのオリンピアン使用ラケット】

バドミントンのバックハンドレシーブとは?

バックハンドのレシーブはフォアハンドに比べて守れる範囲が広いレシーブスタイルです。

基本的に多少うちずらさがあるコースもあります、身体周りのすべてのエリアを返すことができます。

ちなみにフォアハンドで握ってしまうと、バック側に来たシャトルを返すのはかなり難易度が上がります。

バックハンドでのレシーブの打ち方

バックハンドのレシーブは、バックハンドで握り

  • 押すように
  • 弾くように
  • 構えてた場所に戻すように

打ちます。

人それぞれ感覚でハマる言葉があると思いますが、個人的には

構えてた場所に戻すように押す

がわかりやすいかなと思います。

  1. スタンスを肩幅より少し広めにとりお辞儀して構える
  2. バックハンドで握り、ラケットを身体の前方で構える。
  3. シャトルに合わせてラケットヘッドを振る、この時のイメージが構えてた場所に戻すように押す。
  4. 打ちたいコースにめがけてフォロースルー。

このようモーションになるのが一般的です。

バドミントンのバックハンドレシーブが飛ばない時の改善方法

バックハンドレシーブが飛ばない時の改善方法は以下の通り。

  • 力んでいる
  • 構えが悪い
  • リストスタンドができていない
  • ガットがあっていない
  • ラケットがあっていない

順番に見ていきます。

力んでいる

力んでいるとバックハンドレシーブは飛ばなくなります。

これはバックハンドのレシーブ以外でもいえることです。

バドミントンのバックハンドのレシーブをするときの状況は、

相手からの速いスマッシュが来る!

という状況を想像してどうしても力みがちです。

しかし力んでしまっては自分が思うような動きをすることができません。

なるべく力まないようにすることが重要です。

そういえばなぜ力んでしまうんでしょうか?

答えは、相手から驚異的な何かが来るという恐怖です。

主に、めちゃめちゃ早い自分が取れないスピードのスマッシュやドライブを想定して力んでしまいます。

まず、この恐怖感を取り除くのが重要です。

どうすればこの恐怖感を取り除き力みがとれるのか?

一球あきらめましょう

一球でいいので、相手からの脅威となる球種をあきらめててみましょう。

そうすると、意外とシャトルには触れる!という自信が生まれるかもしれません。

そうするととりあえずシャトルを当てれるかもしれないという自信を持て、結果、力みが取れます。

まず一回相手のシャトルをよく見てみましょう。

構えが悪い

構えが悪いと相手のシャトルをレシーブすることができません。

バドミントンにおいて構えは非常に重要です。

なぜなら、構えは=準備だから。

準備ができていないと、

構え→テイクバック→スイング

を相手からのショットが来てから行わなければなりません。

その分時間が無くなり、大振りになってしまいます

いかに次のシャトルを準備するかで構えも変わり、つぎのラリー展開も変わります。

しっかり構え、次のシャトルに対して準備することが非常に重要です。

リストスタンドができていない

バドミントンでリストスタンドがうまくできていないとシャトルがしっかり飛び飛びません。

これは、本来力が入りやすいポイントで力が入りずらくなってしまうからです。

また、リストスタンドができていないと腕打ちになってしまう原因ともなります。

【リストスタンドの詳細はこちら】

バドミントンのガットについて

ガットの種類によってもバックハンドの飛びやすさは大きく変わります。

バドミントンにおいてバックハンドはもちろん、シャトルを遠くまで飛ばしやすいガットがあります。

【こちらで詳しくまとめました】

ラケットがあっていない

バドミントンにおいてシャトルを遠くまで簡単に飛ばすためには、ラケットの選択は非常に重要です。

シャトルが飛ばない時はラケットを変えて試してみるのもありです。

【バドミントンで自分に合うラケットを知りたい方はこちら】

バドミントンのバックハンドレシーブが飛ばない時の練習方法

つぎに飛ばない時の練習方法をまとめました

  • 素振り
  • 手投げ連続レシーブ
  • プッシュレシーブ

流れとしては、素振りで形を決めて、ノックで力の入れ方を決めプッシュレシーブの練習でしっかり飛ばせるようにする流れです。

バックハンドレシーブで忘れがちなのは中でも素振り。

初心者はもちろん、中・上級者の方もおろそかにされている方が多いので、是非やってみてください。

自分が思っている以上に上達が見込めますよ!

わたしのYouTubeチャンネルでは筋トレやバドミントン情報を配信していますので、気になる方や私のことを応援したいと思ってくださった方はチャンネル登録して頂けると嬉しいです。

【健ジム】バドミントンチャンネル
バドミントンの上達のコツや道具レビュー、ダブルスやシングルス、ミックスの試合動画などを公開していきます。 他にないバドミントンチャンネル、健ジムバドミントンチャンネルを是非ご覧ください! 使った瞬間効果を実感!! 鍛錬のトレーニングマシンを21台採用! 東京都町田市のコンディショニングジム「町田コンディショニングジム...

また、ブログをフォローして頂けますと随時更新通知が届きますので、是非フォローもお願いいたします。

follow us in feedly
フォローお願いします

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 町田コンディショニングジム健介
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

⌘ 東京都町田市 根岸2丁目1−2 OTMビル3F
〈お車〉
 駐車場4台完備。車でお越しの際はご連絡ください。

⌘ 各種お問い合わせ
 info@cg-k.com
 050-5435-7378

町田コンディショニングジム健介
町田バドミントンショップ健介
コンポジットテクノ部門


この記事が気に入ったら
シェアおねがいします♪
お得な情報お届けします
レシーブ
スポンサーリンク
気に入っていただけましたら、シェアで広めてくれると嬉しいです♪
ケンスケをフォローする
健バド-バドミントン上達ブログ【by健ジム】

コメント

タイトルとURLをコピーしました