ダッシュトレーニングでパフォーマンスの底上げ≪メニューも紹介≫

バドミントンダッシュトレーニング トレーニング
バドミントンダッシュトレーニング
記事内に広告が含まれています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

みなさんこんにちは

町田コンディショニングジム健介のケンスケです。

バドミントンは瞬発力を連続して発揮する能力が求められる競技ですよね。

私の個人的な感覚ですが、これらを補うものとしてダッシュトレーニングが非常におススメです。

スポンサーリンク

【ケンスケ @cg_kensuke】が書きました。

・東京都町田市でバドミントンのパフォーマンスアップやリハビリができるコンディショニングジム兼バドミントンショップ経営。
・バドミントンは高校始めで全日本社会人クラブバドミントン選手権大会準優勝
・バドミントン年代別東京都3位、全日本社会人バドミントン選手権大会出場。
ジム経営の傍ら、YouTubeブログで情報発信。

友だち追加
LINEを登録して頂けると健ジムバドミントンからお得情報が届きます。
【初中級者必見!バドミントンの教科書YouTubeチャンネル】

ダッシュトレーニングで得られるバドミントン練習効果

いくつか挙げてみました。

  • パフォーマンスアップの底上げにつながります。
  • 身体のキレが増します
  • 体のバランスが整います

どれも漠然とした表現になってしまいますが、筆者のイメージとしてはこのような感じ。

パフォーマンスアップの底上げにつながります。

ダッシュトレーニングは運動強度としてはかなり高いです。

全力でダッシュトレーニングを行うことで、

  • 全力を出す練習になる
  • バドミントンの試合の流れに近いインターバルトレーニングの練習になる
  • 基礎体力の向上

等の効果が期待でき、パフォーマンスアップの底上げにつながります。

身体のキレが増します

高強度の運動を行うことで、いわゆる体のキレが増します。

感覚的な所ではありますが、「身体が俊敏に動くようになる」という感じでしょうか。

体のバランスが整います

人間の身体は何かの動作で全力を出すことでその動きが上達し、身体のバランスが整います。

正しいフォームで全力で走ることによって身体のバランスが整い、姿勢が良くなります。

スポンサーリンク

バドミントンで活きるダッシュトレーニング練習メニュー

具体的なトレーニングメニューの提案です。おすすめは③

メニュー①:30mダッシュ

10本~20本をめどに行いましょう。
なるべく全力を出すように心がけ、慣れて来たら徐々に本数を増やしていきます。

メニュー②:コート対角ダッシュ

ネットを張っていない状態でコートを走ります。

  1. 対角にダッシュ
  2. コートのエンドラインをダッシュ
  1. 対角にダッシュ
  2. サイドライン上をダッシュ

以上2パターンです。

半面でやるのもOKです

30秒や1分間でどれくらい本数走れるかやってみましょう

メニュー③:坂道ダッシュ

個人的に一番おすすめです。

30~50mほどの坂道を全力で走ります。

5~10本をめどに、これもなれてきましたら本数を増やすようにしましょう。

ダッシュするときに意識したいこと

特に初動の数歩の足を意識します。

身体を傾け、歩幅を徐々に大きくし、効率的に大きな力を出せるよう意識しましょう。

走る前のお辞儀も忘れずに。

スポンサーリンク

バドミントンダッシュトレーニングまとめ

バドミントンを上達していくうえで身体が強いに越したことはありません。

シャトルを打つだけの練習で上達するのが理想ですが、伸び悩みの壁にぶつかってしまったときやさらなるレベルアップをしたいときに試してみていただければ嬉しいです。

【フットワークの詳細はこちら】

コメント

タイトルとURLをコピーしました