スマッシュのタイミングを合わせる方法【大事なのはリズム】

スマッシュ
記事内に広告が含まれています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

みなさんこんにちは、健ジムのケンスケ(@cg_kensuke)です。

バドミントンの重要な技術の一つがタイミングを合わせるリズム感です。

特にスマッシュはリズム感が非常に重要。

スマッシュを打つ時にタイミングを合わせるのが難しい。いい方法を知りたい

このような悩みをまとめました。

【本記事の内容】

①バドミントンのスマッシュでタイミングを合わせる方法
②タイミングが合わない時に見直すポイント
③バドミントンのスマッシュは速さよりもタイミングを合わせることが大事

スポンサーリンク

【ケンスケ @cg_kensuke】が書きました。

・東京都町田市でバドミントンのパフォーマンスアップやリハビリができるコンディショニングジム兼バドミントンショップ経営。
・バドミントンは高校始めで全日本社会人クラブバドミントン選手権大会準優勝
・バドミントン年代別東京都3位、全日本社会人バドミントン選手権大会出場。
ジム経営の傍ら、YouTubeブログで情報発信。

友だち追加
LINEを登録して頂けると健ジムバドミントンからお得情報が届きます。
【初中級者必見!バドミントンの教科書YouTubeチャンネル】

バドミントンのスマッシュのタイミングを合わせる方法

バドミントンのスマッシュのタイミングの合わせ方としていくつか挙げてみました。

  • 声を出す
  • 足でリズムをとる
  • シャトルキャッチの練習
  • 最初はラケットを振らない

順番に見ていきます。

声を出してリズムをとる

一番有効です。

実際にシャトルを打ってスマッシュを打つ時はもちろん、素振りの時や、他の人が打っているのを見ながらでも声を出してリズムをとることでタイミングを合わせます。

「123」や「チャーシュー麺」、「うー…はい!」等自分なりにタイミングが取れる声の出し方でやってみましょう。

トップレベルの選手でもスマッシュを打つ時に声を出す選手は多いです。
(これは力を入れやすくし、スマッシュ力を上げる効果も見込めます)

足でリズムをとる

足のステップでリズムをとることでタイミングを合わせます。

タイミングを合わせようと上半身や手だけ合わせに行くと逆にタイミングが合わせづらくなります。

シャトルが落下してくる際にステップを踏むことでタイミングをとると同時に体重をシャトルに乗せ速いスマッシュを打つことができます。

最初はラケットを振らない

最初はラケットを大振りしてしまうと空振りしたりリズムが取れなくなるため、最初はラケットはそんなに振らずにタイミングを合わせることに集中しましょう。

足でリズムを取り、声を出し、りょこんとラケットにシャトルを当てる、まずこの練習をし、タイミングが合うようになってきたら徐々に振りを大きくし力を乗せていきましょう。

スポンサーリンク

それでもスマッシュのタイミングが合わない時に見直すポイント

しっかり練習をスマッシュのタイミングが合っているはずなのに試合でタイミングが合わない、

そんな時は以下のポイントを見直しましょう

  • シャトルの飛びがいつもと違う
  • 体育館が大きいとタイミングが合いずらい
  • 体育館に風が吹いている
  • 力んでいる

順番に見ていきます。

シャトルの飛びがいつもと違うかも

シャトルの番号や気温でシャトルの飛びは常に変わります。

日にちをまたげばもちろん、その日のうちの中でもシャトルの飛び方は変わります。

特に一日を通しての大会の時などは朝一の飛びと昼過ぎの飛びは大きく変わり、タイミングの取り方に対応力が求められます。

体育館が大きいとタイミングが合いずらい

体育館が大きくなると遠近感が取りずらくなりタイミングが合わなくなります。

練習の時は小さい体育館でやっていて、大会が大きい体育館の時などは時にタイミングをとるのが難しいです。

特に開催規模が大きい全国大会では大きい体育館で開催されるため、大会勝つためには大きい体育館で練習しておくことも非常に重要です。

体育館に風が吹いているかも

冷暖房や換気の関係で風が吹いているとタイミングをとるのが難しくなります。

特に最近では熱中症の観点や感染症の観点で換気を行うことが増えているため、風が吹くことも増えました。

そんな時は風を考慮してタイミングをとるようにしましょう。

力んでいる

速いスマッシュを打とうとしたり試合に集中すると力んでしまいタイミングが合わなくなります。

そのようなときは基本的に振り始めのスピードが速くなり、グリップに力を入れる(握り込むタイミング)が遅くなってしまう傾向にあるため、スマッシュが棒球になりがちです。

いつもと感覚が違うスマッシュを打ってしまったときには力んでいるかどうか冷静に分析し、それ以降のショットで調整しましょう。

スポンサーリンク

バドミントンのスマッシュは速さよりもタイミングを合わせることが大事

今までスマッシュのイミングの取り方について考えてきましたが、タイミングをとって自分が打ちたいスマッシュを打つというのは非常に大事です。

スマッシュを打とうとすると、どうしても速いスマッシュを打つ意識が先行してしまいますが、それよりもタイミングを合わせて相手のコートに返すことが一番重要です。

コーチングさせていただいた方の中には無理に打点を挙げようとしてタイミングがあっていない方もいらっしゃいました。まずは自分が楽な体制で打てるのが大事です。

タイミングが合うことで、結果的に速いスマッシュが打てます。

スマッシュを打つ際のタイミングの取り方は人それぞれですが、シャトルや体育館の環境が変化した際にもしっかり対応できるようにしましょう。

先にも書きましたが、これからは換気の影響で体育館内の環境が変わりやすくなります。

いままで以上にタイミングをとるという技術が重要になってきますので、日ごろから意識してタイミングをとる練習をしていきましょう。

【スマッシュについての完全ガイドはこちら】

おしまい

【初中級者におすすめ!健ジムバドミントンYouTubeはこちら】

【健ジム】バドミントンチャンネル
こんにちは、高校始めで全国大会入賞の独学バドラー【健ジムケンスケ】がお送りします。 【ケンスケ】 高校2年生から競技スタート 高校3年生で市の高校生大会2位入賞 その後、体の不調で2年ほどリハビリ生活 鍛錬のリアル筋力トレーニングで復活 そ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました