オーバーヘッドレシーブでダブルスを優位に【打ち方】

オーバーヘッドレシーブ レシーブ
オーバーヘッドレシーブ
記事内に広告が含まれています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

みなさんこんにちは、町田コンディショニングジム健介のケンスケです。

通常の基礎打ちだけだど、実戦で補えないショットは多いと思います。

基礎打ちはうまく打てるんだけど、試合になるとうまくいかない・・・

オーバーヘッドレシーブもそんなショットの一つ。(名前自体、ホセマリ様のツイートで初めて知りました汗)

今日は頭の上で取るレシーブ、オーバーヘッドレシーブについて考えてみました。

スポンサーリンク

【ケンスケ @cg_kensuke】が書きました。

・東京都町田市でバドミントンのパフォーマンスアップやリハビリができるコンディショニングジム兼バドミントンショップ経営。
・バドミントンは高校始めで全日本社会人クラブバドミントン選手権大会準優勝
・バドミントン年代別東京都3位、全日本社会人バドミントン選手権大会出場。
ジム経営の傍ら、YouTubeブログで情報発信。

友だち追加
LINEを登録して頂けると健ジムバドミントンからお得情報が届きます。
【初中級者必見!バドミントンの教科書YouTubeチャンネル】

オーバーヘッドレシーブって?【頭の上で取るレシーブ・ドライブ】

普段のレシーブ位置よりやや前のポジションで、シャトルの下に潜り込み、ラケットを上向きに立て、身体の前もしくは上で行うレシーブです。

オーバーヘッドレシーブはドライブの構えに似ているので、相手がスマッシュを打ってきた際のドライブレシーブのようなイメージ。

オーバーヘッドレシーブの打ち方

  1. 相手のスマッシュに対してラケットを上げて構える。
  2. タイミングを合わせ、普段のレシーブよりやや前のポジションで打つ。
  3. 打つ場所は体の前か頭の上で打つ。
  4. 次の返球に備える

オーバーヘッドレシーブのコツ

  • 相手のスマッシュコースを読みやすくするために、その前のロブで相手のスマッシュコースを絞る
  • タイミングが重要、振りはコンパクト
  • 出来れば身体の前でとらえる

練習方法

スポンサーリンク

オーバーヘッドレシーブを試合で生かすためには

  • 次の球に備える
  • タイミングが大事
  • 前衛タイプのダブルス、ミックスでの女性は必須スキル

次の球に備える

オーバーヘッドレシーブは前衛につめて打つため、返球が早く返ってきます。

その球に備えるまでを練習するのは非常に大事です。

できれば攻めのレシーブをしているので、攻めに転じれるようにしましょう。

タイミングが大事

前に出るタイミング、シャトルをとらえるタイミングが非常に大事です。

変なタイミングで前に出ればシャトルを捉えることができませんし、自滅するリスクもあります。

しっかり見極めるように練習の中で挑戦しましょう。

前衛タイプのダブルス、ミックスでの女性は必須スキル

オーバーヘッドレシーブはレシーブから攻めに転じるうえで非常に重要なショットです。

ダブルスの前衛タイプやミックスの女性が打てると非常に有効なショットとなるでしょう。

ホセマリさんも練習からとり入れることをおススメしている

先日の講習会にて。

ぜひ基礎打ちに取り入れて欲しい種目!

「オーバーヘッドレシーブ」

私も基礎打ちに慣れすぎてしまうとレシーブし続けてしまう癖がついてしまうので、これを機に積極的に取り入れていければと思います。

おしまい

【バックハンドのレシーブについてはこちら】

コメント

タイトルとURLをコピーしました