【シャトル投げ】遠くに飛ばす!やり方と効果を解説【スマッシュ・クリアー練習】

【シャトル投げ】遠くに飛ばす!やり方と効果を解説【スマッシュ・クリアー練習】 ショット・練習方法
【シャトル投げ】遠くに飛ばす!やり方と効果を解説【スマッシュ・クリアー練習】
記事内に広告が含まれています。

みなさんこんにちは、健ジムのケンスケ(@cg_kensuke)です。

バドミントンでクリアーやスマッシュがうまく飛ばないんだけど、シャトル投げっていい練習なの??

このような悩みをまとめました。

【本記事の内容】

①バドミントン練習のシャトル投げ練習とは
②シャトル投げのやり方
③クリアーやスマッシュが飛ばしやすいラケット

スポンサーリンク

【ケンスケ @cg_kensuke】が書きました。

・東京都町田市でバドミントンのパフォーマンスアップやリハビリができるコンディショニングジム兼バドミントンショップ経営。
・バドミントンは高校始めで全日本社会人クラブバドミントン選手権大会準優勝
・バドミントン年代別東京都3位、全日本社会人バドミントン選手権大会出場。
ジム経営の傍ら、YouTubeブログで情報発信。

友だち追加
LINEを登録して頂けると健ジムバドミントンからお得情報が届きます。
【初中級者必見!バドミントンの教科書YouTubeチャンネル】

バドミントン練習のシャトル投げ練習とは【クリアー・スマッシュ強化】

バドミントンのシャトル投げとはクリアーやスマッシュなど上から打つショット(オーバーハンドストローク)とバックハンドショット(ロブ・レシーブ)の練習の基礎となる練習です。

バドミントンを始めたての初心者の方はもちろん、中上級者の方もフォームを固めるうえで非常に良い練習です。

筆者も学生時代この練習をやっていなかったため、最近時間を見つけてやるようにしてます。継続することで確実にフォームが安定します!

シャトル投げで得られる効果

シャトル投げの練習で得られる効果は

  • 打点がわかる(一番力が入るところ)
  • スマッシュのスピード、コントロールがつく
  • クリアーの飛距離、コントロールがつく
  • タイミングをずらす練習ができる
  • 腕打ち、肘打ちの改善
  • 身体全身を使えるようになる
  • バックハンドが上達する(投げ方がわかります)

です。

一人でもできる基礎を固める練習で非常におすすめです。

スポンサーリンク

シャトル投げのやり方

シャトル投げにはオーバーハンドストローク(クリアー・スマッシュなど)とバックハンド(ロビング・レシーブなど)の2パターンがあります

クリアー・スマッシュのシャトル投げやり方

  1. シャトルをラケットを持つほうの手で持ち、コートのエンドラインに立ちます。
  2. クリアーやスマッシュの要領でシャトルを投げます。
  3. 身体を半身にし、シャトルを持つほうの足に体重をしっかり載せます
  4. シャトルを持たないほうの手をしっかり上げて打点を確認する。(左手をしっかり上げることで後ろ足に体重が乗りやすくなります)
  5. 後ろ足で地面をけり、下半身の力を上半身に伝え、シャトルを投げる。この時左足を引く投げ方と前に出す投げ方どちらもできると良いです。

比較的体格がいい方は(男性)は反対コートのショートサービスライン、小柄な方(女性)はネットを超えるのを目標にしましょう

反復練習を行うことでクリアーやスマッシュが上達します。

レシーブ・ロビングのシャトル投げのやり方

※準備中

スポンサーリンク

クリアーやスマッシュが飛ばしやすいラケット

シャトル投げをやってもなかなかシャトルが飛ばない方はラケットなどの道具を見直してみるのもありです。

  • ガットのテンションを緩くする
  • ガットの太さを細くする
  • ヘッドヘビーのラケットを使ってみる

ガットのテンションを緩くする

ガットのテンションを硬くするとクリアーやロブは飛ばしずらくなります。

なかなか改善しない場合にはテンションを少し落としてみるのもおすすめです。

【あなたに合うガットのテンションについてのまとめはこちら】

【初心者の方におすすめのガットのテンションはこちら】

ガットの太さを細くする

太いガットを使うと耐久性は上がりますが、クリアーやロブは飛ばしずらくなります。

なかなか改善しない場合には細いガットを使ってみるのもおすすめです。

【色も豊富でクリアーやロブが飛ばしやすいアルティマックスはこちら】

ヘッドヘビーのラケットを使ってみる

極論ですが、ラケットが自分に合っていないとクリアーは飛ばしづらいです。

特に初心者の方はラケットの能力に最初は頼っていいと思いますので、しっかり飛ぶようになってきたら自分のプレースタイルに合わせてラケットを変えていくようにしましょう。

その中でもヘッドライトのラケットはクリアーが飛ばしずらいです。

ヘッドヘビーでシャフトが柔らかいラケットを使うと、シャフトがしなりやすくクリアーが飛ばしやすくなります。

【ヘッドヘビーのラケットはこちら】

【初心者向けのクリアーが飛ばしやすいラケットはこちら】

いかがでしたでしょうか?

シャトル投げはクリアーやスマッシュなどオーバーヘッドストロークの基礎を作る練習としてすべての人におすすめの練習です。

初心者の方はもちろん、中上級者の方も是非やってみてくださいね。

【バドミントン初心者向けの上達情報はこちら】

【スマッシュを速くする方法はこちら】

コメント

タイトルとURLをコピーしました