ドロップのコツ【打ち方や上達方法を説明】

ドロップ
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

みなさんこんにちは、健ジムのケンスケです。

ドロップはバドミントンの試合の中でも緩急をつけるショット、

最近では渡辺勇大選手の代名詞的なショットとなっていますね。

すこーしリーバースカット気味のドロップ

今日はそんなドロップショットについて解説させていただきます。

この記事を読んでいただけると
試合の中でドロップを使い緩急を意識できるようになると思います

ではいってみましょう。

follow
フォローお願いします

健バドではYouTubeチャンネルでもバドミントンの技術アップに関する情報を配信中です!是非チャンネル登録お願いします!

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
スポンサーリンク

ドロップとは

初めに、ドロップショットとはどういうショットなのか簡単に解説させていただきます。

ドロップとは主に
コートの後ろから相手コートのネットより(フロントコート)に落とすショットです。

相手にシャトルを下から触らせることでラリーを優位に進めます。

また、スマッシュやクリアーとのコースや球速で緩急がつけます。

ドロップのメリット

  • 相手をネット近くまで動かすことができる。
  • 緩急がつけられる。
  • 自分の態勢を整えることができる

相手をネット近くまで動かすことができる

クリアーが相手をコート奥まで動かせることに対してドロップは相手をネット近くまで動かすことができます。

相手に下でとらせるとラリーを優位に進めることができます。

緩急がつけられる

スマッシュとドロップを組み合わせて使うことでシャトルのスピードに緩急がつけれます。

速いラリーになれてきたところでドロップを打つことで足を止めることができますし、逆にドロップが多いラリーの中でスマッシュを打つことで、スマッシュを速く見せることができます。

最近のバドミントンはスマッシュを打ち続けても決まらないことが多く、緩急の使い分けは非常に重要なスキルとなります。

自分の態勢を整えることができる

相手のクリアーやロブのコースがいいコースに来た際、相手がいないところにドロップを打つことで自分の態勢を整える時間ができます。

相手に下から触らせ続けるためにも有効です。

ドロップのデメリット

  • 単発での決定率は低い
  • ダブルスの場合、パートナーが迷いやすい

ドロップ単発での決定率は低い

ドロップ自体球威があるわけでもないので、相手が打ってから冷静に動けばシャトルに触れることが多いショットです。

そのため、緩急がなければ特別に決定率があるショットではありません。

しかし、緩急の中でドロップが決まると、どうしても「体力を使わずに決まる」「相手をしてやった爽快感」から頼りがちになります。

あくまでもラリーの中のつなぎ玉、決まればラッキーくらいの感覚で使うとよいかもしれません。

私もよく決めてやろうと思いネットにかけます・・・
過信絶対ダメ。

ダブルスの場合、パートナーが迷いやすい

ダブルスの攻めのショットは基本的にスマッシュやドライブです。

上がって来たシャトルに対しスマッシュを打ち込み、返球を前衛が止めるというラリーがオーソドックスですが、その中でドロップを多発してしまうとパートナーもリズムをつかめず迷うことがあります。

そのため、ダブルスの時はショットの構成をパートナーと相談し、迷いが起きないようにしましょう。
※最初からドロップが多いラリーになる旨を伝えていればOKです。
レディースの方の試合だとドロップが多くなる印象。

ドロップの打ち方やコツ

ドロップ打ち方

  1. 相手のシャトルに合わせず、なるべく落下地点の少し後ろに入ります。
  2. (右利きの場合)右足に一度体重をしっかり乗せ、前方に重心移動するように地面を踏みます。
  3. 踏み込んだ力を上半身に伝え、ラケットをしっかり振り上げます。
  4. なるべく体の前でしっかりシャトルをとらえます。
  5. この時、手首や上腕の返しはあまり使わず、腕で打つようにしましょう
  6. ラケットを一度止めて打つイメージですが、止める直前まで脱力を心がけましょう。

ドロップの打つコツ

  • 打つ瞬間まで力まず、腕で打つイメージ。
  • シャトルの軌道、落下地点を意識しましょう。

上達のための練習方法

  • 素振り
  • 基礎打ち
  • ドロップ交互
  • 一点返し

ドロップを試合で活かすために

  • ドロップをほかのショットとフォームをわかりづらくすると効果絶大
  • とにかく緩急を意識

ドロップをほかのショットとフォームをわかりづらくすると効果絶大

ドロップとスマッシュ、ドロップとクリアーのフォームをなるべくかわかりづらく、同じフォームから打てるようにすることで相手を迷わすことができます。

迷わせる回数が増えれば増えるほど自分の有利なラリーを展開することができるでしょう。

とにかく緩急を意識

ドロップの最大の利点は上から打つ遅いショットということです。

他の上から打つショットは基本的には速いですが、ドロップはその点で緩急を付けうことができます。

また、クリアーとの緩急もつけることができます。

緩急をつけること、是非意識してみてください、ほかのショットが何倍にも際立ちます

ドロップを相手に打たれたら

読んでいた場合

なるべく高い打点でさわれるようにしましょう。
速くタッチすることで優位にラリーを勧められますし、打つタイミングをずらすことでフェイントにもなります。

読めてないけど追いつけた場合

可能であれば次に相手が打ちづらいコースに返せるとよいです。

例えば逆サイドのロブだと相手がを多く動かすことができますし、しっかり体制を整えることができます。

虚を突かれた場合

まず触って返すことが大事です。相手が少しでも打ちづらい場所に返すよう心がけましょう。

このようなシーンで気を付けたいのが一発逆転のクロスネットなどに頼りすぎないことです。

成功率が低いリスクが高いショットに頼りすぎると自滅を招きます。

ドロップは立派な武器

他のショットに比べて少し地味な印象があるドロップですが、突き詰めれば立派な武器になります。

緩急をつけ、相手を少しづつ崩すようなプレーが好きな方は是非積極的に修得してみて下さい!

私は好きなショットの一つですが、一発で決めてしまいたくなることが多いので、我慢を意識しています・・・

おしまい

わたしのYouTubeチャンネルではこのような変わった視点で筋トレやバドミントン情報を配信していますので、気になる方や私のことを応援したいと思ってくださった方はチャンネル登録して頂けると嬉しいです。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

また、ブログをフォローして頂けますと随時更新通知が届きますので、是非フォローもお願いいたします。

follow
フォローお願いします

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 町田コンディショニングジム健介
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

⌘ 東京都町田市 根岸2丁目1−2 OTMビル3F

〈町田バスセンターから〉
 ・町78:木曽南団地-野津田車庫行き
 「上の原」バス停下車 徒歩2分
 ・町17:町田淵野辺駅北口行き
 「淡島公園入口」バス停下車 徒歩2分
 ・町33:木曽南団地-下山崎行き
 「町田総合高校入り口」バス停下車 徒歩5分
 ・町30:橋本駅北口-町田ターミナル行き
  「下岸根」バス停下車 徒歩7分

〈お車〉
 駐車場4台完備。車でお越しの際はご連絡ください。

⌘ 各種お問い合わせ
 info@cg-k.com
 050-5435-7378

町田コンディショニングジム健介
町田バドミントンショップ健介
コンポジットテクノ部門

コメント

タイトルとURLをコピーしました